予防歯科のタイトル画像予防歯科 メディカルトリートメントモデルとは?


日本では2割の人しか行っていないもので
スウェーデンでは7割の人が行っているものってなんだと思いますか?

からだのパーツで1000万円以上の価値がある部位ってどこだと思いますか?

ヒントは最も頻繫に使うものです…
歯は早い人で30代から1本抜けはじめ、高齢になればなるほどその本数は増えていきます。
生涯残っている歯は10本も満たないことがわかっています。く

ただし、これは日本人に限るという一言を付け足さねばなりません。
スウェーデンでは倍の20本ある。
そう言われています。

この差はどこから来るのだと思いますか?

生活習慣?食べるもの?環境?

もちろんこれらのことも関係していますが、実は歯の扱い方。
これが非常に大きな要因を秘めているのです。

きちんと歯は磨いている…そういう方こそ注意が必要なこととは?

メンテナンスである歯磨きのイメージ メンテナンスである歯磨きのイメージsp版

歯を磨けば良い。歯の磨き方・歯ブラシをしっかりやれば良い。たまに歯間ブラシもやる。
そういう方こそ、注意が必要かもしれません。

歯はきちんと磨いていても本当の原因を知らなければ、抜けてしまうからです。
「いや、でも虫歯なんて全くないし、違和感も何もない」

ここに真面目に歯を磨いている人ほど陥る罠が潜んでいるのです。

そして、そういう人ほど受けるショックは計り知れません。

歯は異変に気が付いた時には手遅れで抜ける一歩前であることもあります。

大きな前触れが来たら抜くという結末を迎えることも少なくないのです。

今まで何も意識していなかった笑顔。
その一番輝かしい笑顔になることが苦痛に変わる。これは本当に辛いことです。

失ってからわかる後悔は長い間苦しめ続けることでしょう。 しかし、正しい情報を知らなければ……抜けてしまうのです。

かつて虫歯大国だったスウェーデンが
国を上げて行った政策…その結果

スウェーデンのイメージ スウェーデンのイメージsp版

スウェーデンでは生涯残る歯の本数が多いのが事実です。
これにはちゃんとした理由があります。
スウェーデンでは1970年代に国を挙げてある政策を取り入れました。

それまでは、一生涯に残る歯の本数は日本よりも少なかったと言われています。

このために取り組んだ政策が成功し、虫歯大国であったスウェーデンは今や世界有数の虫歯予防大国となったのです。

スウェーデンが国を挙げて行なった政策、それが『予防歯科』です。

つまり、日本の2割の方しか行わず、スウェーデンの7割の方が行なっているものは『予防歯科』と呼ばれるオーラルケアだったのです。

スウェーデンの治療費は日本よりも高額です。
しかしながら高い治療費を払ってでも予防をして生涯の歯を守ることに価値がある、ということを国民の7割が知っていて常識となっています。

それもそのはず。歯が抜け落ちてしまい、

現在最も自然な歯に近いと言われているインプラントを入れようとするとその額1本約35万~。

もし28本全てを入れ替えることになってしまえば、1000万以上の金額がかかってくるからです。

歯が抜けるのは寿命。であれば、ここまで関心を持って予防することもなかったかもしれません。
ですが、歯が抜ける7割の理由はなんと『歯周病・虫歯』によるものなのです。

つまり予防すれば抑えることのできる原因だと言い換えることができます。

現在、30代の人でも8割もの人が歯周病になっていると言われています。

しかし、痛みも感じず、歯が抜ける原因だということ知らず、気づかぬうちに歯周病が進行していき……

歯が抜けることを防ぐためには予防歯科に通い、
ご自身だけでは取りきれない、本質的な汚れを落としていく必要があります。

ですが、適当に近所の歯医者に通えば良いというわけではありません。
予防をするとひとえに言っても行うことや専門度が異なり あなたにとって適切な治療を行えるかがわからないからです。

また歯周病の進行がわからず、治療が進んでいるかが確認できず、お金目的でダラダラやってるだけなのではないか?
と予防を辞めてしまうケースも多いです。

適切な治療を適切な期間で。
そこでわたしたちはMTMというプログラムをご提案いたします。

メディカルトリートメントモデル(MTM)とは?

世界的に有名な歯科予防先進国であるスウェーデンで確立

科学的に効果が実証さていているプログラムで、
個人の口腔状態に合わせて適切に予防処置を行うことです。

初期のリスク評価から、予防プログラム、口腔内環境の改善、低侵襲性治療などを行い、定期メインテナンスに至るまでの流れを指します。

メディカルトリートメントモデル(MTM)の流れ

実際にどういった風に治療を進めていくのかを簡単にご説明させていただきます。

MTMの流れ、フロー1 MTMの流れ、フロー1sp版

まずはじめに問診票の記入をして頂きましたら、カウンセリングルームにてより詳しく問診を取らせて頂きます。

あわせまして、当院での治療の流れや考え方などのご説明をさせて頂いています。

全てのご説明が終わりました後、レントゲン撮影、お口の中のリスクをみるための唾液検査(サリバテスト)、口腔内写真検査、歯周病精密検査を行います。

強い痛みがあったり、すぐに治療が必要な歯がありましたらこの時点で即時対応を行います。

各検査の資料が整いましたら、患者様の口腔内の健康をサポート致します担当歯科衛生士をご紹介致します。

担当の歯科衛生士より今後の治療に関するご説明と各種資料用のプリントをお渡しして初回の診察が終わりとなります。

MTMの流れ、フロー2 MTMの流れ、フロー2sp版

来院2日目には、初診時の検査結果をまとめた資料とともに患者様の現在のお口の中の状態とリスクのご説明を行います。

歯を磨いていても虫歯がなぜできてしまうのか
その原因は何なのか、どうやったらその状態を改善できるのか
歯周病の進行程度はどうなのかなどをご説明しています。

唾液検査(サリバテスト)の結果からご自身の口の中の虫歯に関するリスクを詳しく知ることができます。

虫歯の原因菌が多くて虫歯になるのか、または、歯を守る唾液に力が弱いから虫歯になるのか
もしくは、また別の理由によるのか、それによって正しい予防の仕方が変わってきます。

合わせて、歯磨き方をチェックしてどの部分がうまく磨けていないのかを確認していきます。

それと合わせて歯磨きのみでは落とすことができない汚れや歯石などを丁寧に取り除いていきます。
歯の表面に汚れが付着しにくくすることを目的としています。

MTMの流れ、フロー3 MTMの流れ、フロー3sp版

歯周病の進行状況に応じて1〜6回程度の初期治療を行っていきます。

これまでのデータを考慮して、患者さんご自身の歯周病の原因となっているものをはっきりとさせ
歯周病の発症・進行のメカニズムにつきましてもご説明させて頂いた上で
歯茎の中に付着している歯周病の原因を1歯ずつ細かく取り除いていき、洗浄・消毒を行っていきます。

また、お一人お一人に最も適した予防プログラムをお伝えします。

この段階での治療は、とても繊細な感覚と技術を必要とする治療になりますので歯周病の進行が進んでいるほど時間がかかります。

MTMの流れ、フロー4 MTMの流れ、フロー4sp版

一連の初期治療が終わりましたら、歯茎の治癒を待った後に再度 検査を行い,改善の程度を評価していきます。

この時点での検査で、歯周病がコントロールされている状態であればその後の治療に進んでいきます。

もし、この時点で歯周病の炎症が強く残るような歯がありましたら、再度の歯周病治療が必要か・もしくは別の治療方法を選択した方が良いのかを相談していきます。
同時にご自身での歯磨きがしっかり行なって頂けているかも確認してきます。

MTMの流れ、フロー5 MTMの流れ、フロー5sp版

全ての治療が終わりましたら、治療前と現在のお口の中の変化を評価
その結果を治療前後の写真やデータをグラフ化したものを使用してご説明していきます。
ご自身の現在の状況を確認して頂いたあと、今後の予防プログラムについてご案内致します。

MTMの流れ、フロー6 MTMの流れ、フロー6sp版

定期的なメンテナンスを行うことで
将来に渡る歯の喪失率を大きく引き下げることができるという事は医学的根拠に基づいて証明されています。
専門的な清掃を行うことで虫歯や歯周病の原因となっているバイオフィルムを取り除き
フッ素を塗る事で歯と歯根の抵抗性を上げていきます。
メンテナンスの間隔は、歯周病の進行程度や本人の歯ブラシの出来具合によって変わってきます。
一般的には3〜4ヶ月程度です。

自分の歯が抜け落ちてしまう前に

一度抜けてしまった歯はもう2度と戻ってきません。
抜けないだろうと思っていた人が味わう後悔は拭いきれません。
だからこそ、MTMで定期メンテナンスをしていきましょう。
歯はきちんと磨いていても本当の原因を知らなければ、抜けてしまうからです。

予防することがあなたの歯を救います
あなたの大切な歯・笑顔を守るのは、あなた自身の行動なのです。

お問い合わせフォーム

  • お名前

  • メールアドレス

  • お電話(携帯)番号

  • ご年齢

  • 初診ですか?

  • ご用件

    •  
  • ご希望日時

    • 第1希望日時
    • 第2希望日時
    • ※受診希望が当日の場合は、お電話でお願いいたします! 【072-784-1234072-784-1234
  • お問い合わせ内容

※個人情報の取扱いについてはこちらから

ご注意事項
※ご入力いただいたご希望日はご希望日に添えない場合もございますので、予めご了承下さい。
※携帯メールでのご登録の場合は、PCメール受信拒否設定がデフォルトで設定していますので、解除後ご送信ください。
※お電話でもお問い合わせは受付けております。【072-784-1234072-784-1234