歯周病の予防・メンテナンスのタイトル画像歯周病の予防・メンテナンス

目次

  • 1.予防・メインテナンスの重要性
    歯周病は完治が難しく、再発しやすい
    治療終了後もホームケアと定期メインテナンスを忘れない
  • 2.歯周病になるリスクがある習慣を見直して、発症を防ぐ方法について
    喫煙:節煙・禁煙を心がけよう
    食生活:歯ごたえのあるものをしっかり咬もう
    食生活リズム:不規則な生活を改めよう
    ストレス:1日の中でリラックスできる時間をつくろう
  • 3.市販の薬や歯磨き粉などで改善するの?
    市販の薬や歯磨き粉に期待できること:薬用成分に注目する
    あくまで「補助的なもの」という認識を忘れない

自分でできるホームケアや予防方法を知ろう

歯周病の予防・メンテナンス導入部分の背景画像
歯周病はたとえ治療をしっかりおこなったとしても、その後の予防をおこたれば再発をまぬがれません。

生涯で1本でも多くの歯を残すためにも、毎日のホームケアや歯科での定期検診、生活習慣の改善の重要性をしっかり理解しておきましょう。

1.予防・メインテナンスの重要性

歯周病は治療が終了しても「完治した」という状態まではいかず、あくまで「最初の状態よりは改善した」という状態にとどまります。
そのため治療終了はゴールではなく、今後はその状態を維持していくこと
そして再発を予防することを目的としたホームケアと定期的なメインテナンスが必要となってきます。

歯周病は完治が難しく、再発しやすい

例えば虫歯治療の場合
虫歯になった部位をすべて削り、失われた歯質を補充する詰め物や被せ物を装着すれば、「虫歯は完治した」ということができます。

しかし歯周病は虫歯のようにはっきりとした「完治」を望むことができない病気です。

歯根膜や歯槽骨といった歯周組織は一度破壊されると再生させることは難しく、また虫歯のように他の人工物で補充することもできません。
そのため一通りの治療が終了しても、深い歯周ポケットが一部残ってしまうケースも多くあります。
この残ってしまった歯周ポケットをきちんと管理しなければ、再び歯周病は悪化してしまうでしょう。

さらにバイオフィルム感染症である歯周病は全身的な影響も受けやすく、加齢やその他の病気で免疫機能が低下すると、再び歯周病菌が感染し病状が悪化する可能性があります。

つまり歯周病は一度治療をおこなったとしても、再発率が非常に高い病気なのです。

治療終了後もホームケアと定期メインテナンスを忘れない!

歯周病治療をおこなっても、口腔内にはまだ歯周病菌が生息しています。
もしホームケアをおこたれば歯周病菌は再びバイオフィルムを形成し歯周病を再発させてしまうでしょう。

したがって治療終了後もホームケアによるプラークコントロールを徹底し病状が安定した状態を長期的に維持していくことが大切です。

また治療終了後は、病状に応じて3~6ヶ月おきに歯科医院での定期的なメインテナンスを受けることも重要です。

定期メインテナンスは歯周病の再発予防、新たな歯周病の早期発見、そして良好な状態の長期的維持を目的におこなわれます。

特に治療後も4mm以上の歯周ポケットが残っているケースではホームケアだけでポケット内のプラークコントロールを十分におこなうことは不可能です。
そのためメインテナンス時にプロフェッショナルケアを受け、病状の悪化を予防することが必要となります。

  • なぜ、メンテナンスの重要性を何度も言うのか?
  • メンテナンスと残りの歯数には重要な関りがあるからです
  • 定期的なクリーニング受診率と80歳代の残存する歯の本数を表すグラフ
  • 定期メンテナンスの受診率が歯の健康に比例

2.歯周病になるリスクがある習慣を見直して発症を防ぐ方法について

歯周病は歯周病菌が感染して起こる病気ですが、同じように感染しても歯周病があまり進行しない人もいれば、すぐに進行してしまう人もいます。

このように同じ病気でも進行具合が異なるのは、歯周病の発症が普段の生活習慣と大きく関係しているからです。

歯周病を予防するためにはホームケアによるプラークコントロールのほかに、以下に示すような歯周病を悪化させる習慣を見直すことも大切です。

喫煙:節煙・禁煙を心がけよう

歯周病は歯周病菌が感染して起こる病気ですが、同じように感染しても歯周病があまり進行しない人もいれば、すぐに進行してしまう人もいます。

このように同じ病気でも進行具合が異なるのは、歯周病の発症が普段の生活習慣と大きく関係しているからです。

歯周病を予防するためにはホームケアによるプラークコントロールのほかに、以下に示すような歯周病を悪化させる習慣を見直すことも大切です。

たばこの写真

食生活:歯ごたえのあるものをしっかり咬もう

食べ物の中に歯周病を悪化させる直接的な原因はありませんが、その種類によってはプラークの付着を誘発させるものがあるため注意が必要です。

具体的には甘いものや柔らかいものは食べかすが歯の表面に付きやすく、これによってプラークの量が増えてしまう可能性があります。

栄養バランスのとれた食事を心がけるとともに、1日の食事の中で硬いものや歯ごたえのあるものを摂りいれることも歯周病予防には効果的です。

食事の写真

生活リズム:不規則な生活を改めよう

「寝不足が続く」「朝起きず朝食も摂らない」といった不規則な生活は生命維持をつかさどる自律神経のバランスを崩す原因になります。

自律神経が乱れると体が不調を起こし、免疫機能も低下します。

バイオフィルム感染症でもある歯周病は体の免疫とも深く関係し、抵抗力が落ちると感染しやすくなります。
歯周病の予防や再発防止には、自身の生活習慣を見直し、生活リズムを整えることも非常に重要です。

ストレス:1日の中でリラックスできる時間をつくろう

ストレスも自立神経のバランスを乱して体の抵抗力を低下させる原因になります。

またストレスの蓄積は生活習慣の変化をもたらし、暴飲暴食や睡眠不足などを招くおそれもあります。

さらにストレスは唾液の量を減らしてしまいます。例えば人前にでてひどく緊張した時に口の中が渇くのは、緊張というストレスによって唾液の分泌が少なくなるからです。

唾液には口の中をきれいに洗い流すという自浄作用があり、唾液の量が減ってしまうと口腔内に細菌が増殖しやすくなります。
その結果、歯周病や虫歯といった歯科疾患を増悪させたり、口臭を強くすることにもつながってしまうのです。

生きていく上でストレス0の生活を送ることは難しいことですが、自分の趣味を見つけたり、せめて1日のうちにリラックスする時間を設けるなどの工夫を試みましょう。

リラックス効果のイメージ画像

3.市販の薬や歯磨き粉などで改善するの?

近年はドラッグストアやネット通販などで、歯周病に効果があるとされる歯磨き粉や洗口液などが多く販売されています。

歯周病予防や改善にこれらの製品を使用すること自体に問題はありませんが、その効果を過信しすぎないように注意しましょう。

市販の薬や歯磨き粉に期待できること:薬用成分に注目する

歯周病予防や再発防止を目的に市販品を使用する場合、注目したいのが配合される薬用成分です。

歯周病予防を目的とした洗口液や歯磨き粉には、殺菌作用や抗炎症作用、血行促進、歯茎の引き締め効果を期待する薬用成分が配合されています。

以下に具体的な薬効や成分を示しますので、製品を選ぶ時の参考にしてみてください。

  • 殺菌成分:歯周病菌の増殖を抑える
    ……塩化ベンゼトニウム(BTC)
    ……イソプロチルメチルフェノール(IPMP)
    ……塩化セチルピリジニウム(CPC)
    ……塩酸クロルヘキシジン
    ……トリクロサン
  • 抗炎症作用:歯茎の腫れや炎症を抑える
    ……トラネキサム酸(TXT)
    ……イプシロンアミノカプロン酸
    ……β-グリチルレチン酸
  • 収斂(しゅうれん)作用:歯茎を引き締める
    ……塩化ナトリウム
    ……ヒノキチオール
  • 血行促進:血流をうながして歯茎の状態を良くする
    ……酢酸トコフェノール(ビタミンE)

あくまで「補助的なもの」という認識を忘れない

歯周病予防を目的とした市販薬や洗口液、歯磨き粉は、そこに配合される薬剤の力を期待できますが、それは補助的な役割にすぎません。

確かに薬剤の効果によって、歯茎の腫れや出血がおさえられることはあります。

ただそれはあくまで一時的なものであり、本当の意味において歯周病を予防できたとはいえないでしょう。

歯周病予防に必要なことは、口腔内の歯周病菌を減らして感染させないことです。

一方で、歯周病菌はバイオフィルムという強力なバリアの中で生息し、そのバイオフィルムには薬剤を浸透させることができません。

製品の中には「バイオフィルムにまで浸透」と謳ったものもあります。
ただ実際は試験管内や培養液の中(in vitro)での成果であって、口腔内で効果があるといった研究報告はいまだなされていない状況です。

バイオフィルムの除去の基本はあくまで機械的なプラークコントロール、つまり歯ブラシや器具などを使ってこすり落としていくことです。

洗口液や歯磨き粉はそのプラークコントロールを補助的に支えるものという認識を忘れないようにしましょう。

歯磨き粉と歯ブラシの写真

歯周病についてのご相談はこちら