インプラント

痛みや恐怖感がほとんどない治療方法とは?

インプラントとは?

インプラントとは、歯が無くなってしまった部分の骨にチタン製の歯根を植立する手術を行い、冠を被せて歯を作ったり、半固定の義歯を作ったりする方法です。
インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。

失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。

歯には全体で支えるという役割があります

インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

歯は上下左右 合わせて28本ありますが(親知らずを除く)、それぞれに色々な役割をもっています。その中の1つに「前歯は奥歯を守り、奥歯は前歯を守る」というものがあります。
たとえば、硬い地面に打ちつけてある杭を左右に力強く揺さぶり続けると、次第に杭の周りがすり鉢状にゆるんでしまい、最終的に杭はグラグラになって抜けてしまいます。

実は、歯も同じように強い力が加わり続けると 歯を支えている周りの骨がゆるんでしまいグラグラの状態になってしまいます。
このような事がおこらないように、前歯は奥歯を守るための機能を、奥歯は前歯を守るための機能を持った「すべての歯がお互いに守りあっている」という関係にあるのです。

インプラント

上下の歯を噛みあわせた状態で左右に大きく歯ぎしりをするように動かすと、犬歯(糸切り歯)よりも前方の歯があたり奥歯は離れるようになります。これは奥歯に左右にゆするような強い力がかからないよう前歯が防いでくれているためです。
また、カチカチと物を噛むような動きをしたときに、上下の奥歯同士がしっかりと噛み合わさることでそれ以上深く噛みこまないようになっています。
奥歯が上下的なストッパーになることで前歯が必要以上に強くぶつからないように守っているんです。

もし、前歯がいろんな理由からすり減ってしまったり、失ってしまった状態を長く放置していると奥歯の負担が知らずしらずに増してしまい気が付いた時には奥歯にトラブルを招くことになります。
同じように、奥歯が歯周病でグラつくような状態になったり 失ったままであれば必ず前歯はダメージを受け続けることになり、結果として前歯は残すことが難しい状態になるでしょう。

歯全体のバランスを考えた時のインプラント

私達 歯科医師の目的は患者様の「口や歯の機能を守る」ということです。
その為に虫歯治療や歯周病治療、噛みあわせの治療などを行い、現存している歯牙を守っていくことに全力で取り組む必要があると考えています。
そのなかで、これから先、守ることができた歯がより長く健全な状態で残っていってくれるよう「前歯と奥歯の力のバランスがとれた関係」を確立しておくことは最も重要なことになります。

「前歯と奥歯の力のバランスがとれた関係」を確立させるために、インプラント治療は非常に大きな存在です。
今まで、歯を失ったところは残った歯を削って土台としたブリッジと言われる方法、もしくは、取り外しできる入れ歯でしか対応することができませんでした。

ブリッジは土台となる歯が十分にしっかりとしており、歯牙の力関係を良く理解した技術のある歯科医師が行った場合にはとても予後の見込める治療です。
しかし、その構造上の理由から必ず、歯を失ったところの前と後に健康な歯が残っていなければブリッジによる治療を行うことができません。

また、入れ歯は噛みあわせの力の大部分を受け止めているのがやわらかい歯ぐきであるため弾力性がある分 入れ歯が沈み込んでしまいしっかりと上下的なストッパーとしての働きをすることができません。
そのうえ、入れ歯を固定するために金属のバネを残っている歯にかけなければならないのですが食事をしたりおしゃべりをする度に入れ歯の動きに合わせてバネをかけてある歯を左右にゆすってしまい、結果としてその歯を失ってしまう傾向にあります。
ところが、インプラントは他の歯に余分な負担を一切かけることなく、上下の噛みあわせの負担をインプラント単独で受け止めることができます。

インプラント

インプラントは身体に影響はないの?

インプラントは、チタンという金属を使用しています。

チタンは医療の世界ではかなり使われている金属です。
骨折のときにつなぐ金属プレートとして、心臓病治療のカテーテルの先、脳動脈瘤手術のクリップとして、他にも人工関節の材料として、幅広く用いられています。
チタンは軽量で強度が強く、腐食性しにくいという性質があり、中でも生体とのなじみがいいので、アレルギーを起こす心配もありません。
したがって、インプラントに使用した材料が原因で病気になることはありません。

インプラント

インプラントと他の治療法との比較

インプラント インプラント

外科手術に対しての「痛い、怖い」などの不安がある方へ

手術と聞くと、怖い、痛い、と誰でも敬遠したいイメージがある思います。
しかし、現在の医療では、まるでうたた寝をしているようなリラックス気分で手術を受けて頂く静脈鎮静という方法があり、伊丹市のヒカルノ歯科では、この静脈鎮静法を導入しております。

全身麻酔とは違い、完全に意識が無くなるのではなく、点滴の中に心をリラックスさせるお薬を入れ「うとうととした状態で、こちらが呼びかけたら目を覚ます」このような状態で手術を受けて頂けます。
手術中は当然の事、インプラント治療が終了するまで うたた寝状態という快適な方法です。
また、緊張が緩和されるので高血圧等の御病気がある方にも適しています。

麻酔により目覚めた後は、ぐっすり寝て起きた状態に似ています。
患者様によっては『よく寝れた』という方もいるくらいです。痛みや恐怖感がほとんどないため、ほとんどの方がインプラント治療にこの方法を希望されています。
手術後に痛み止めや腫れ止めの薬を点滴で入れるため、手術後の痛みや腫れが大変少ないです。
詳しい事は、カウンセリング時等にお気軽に歯科医師・歯科衛生士にお尋ねください。

カウンセリングご予約はこちら
インプラント

Q & A

Q. 入れ歯の調子が悪い時に、インプラント手術 をする事は可能ですか?
インプラントの手術自体は何の問題もなくできます。しかし、術後インプラントが使えるようになるまでの間は入れ歯をお使いいただくことになるので、不自由をしないまでには入れ歯を修理した方が良いかと思います。
Q. インプラント取り付け後、年齢をかさねた時、取り外しは可能なのでしょうか?また、取り外し後に入れ歯の取り付けは可能なのでしょうか?
インプラント自体の取り外しは、可能です。但し、とめてある被せ物の構造によって、やり方が異なります。また、入れ歯をそこに入れることは可能です。
Q. 歯周歯が酷いのですが、歯周歯の治療が終わったらインプラントを検討しています。
歯周歯の治療が終わったとはいえ、インプラント周囲炎が気になります。普通の歯茎の人と比べてインプラント周囲炎になりやすいでしょうか?
歯周病菌がお口の中に残った状態でインプラントをされた場合、インプラント周囲炎を引きおこす確率が高くなるというデータはあります。但し、予め歯周病の治療がなされていて、適切なメインテナンス管理が行われていれば、歯周病のない患者さんと発症率に差はありません。
Q. インプラント治療についてネットで調べると定期検診や歯ブラシをきちんと行っていても治療数年後に結構トラブルが多発している感じがします。現実的にもやはり多いのでしょうか
インプラントにおけるトラブルにおける大部分は治療終了後、1年以内に起こるといわれています。その後、適切な管理がされていれば大きなトラブルになるようなことは殆どありません。過去のデータの中に旧式のインプラントのものが含まれているので、現在のインプラントとデータ上の数字は明らかに違ってくると思います。
Q. 抜歯とインプラントを勧められています。先に抜歯・消毒だけして、お金が貯まるまでインプラントは待てますか?
待つことは可能です。但し、歯が抜けてしまったところを放置することによって起こる現象、隣の歯が倒れ込んできたり、噛み合わせの歯がずれ込んでこないように管理をしておく必要はあります。
Q. 奥歯はインプラント以外にどのような選択肢がありますか?下の歯の一番奥歯ですが、更に奥に親知らずがあります。そのため、奥から2番目になるかと思いますがどのような選択肢がありますか?
基本的に歯を喪失した場合の選択肢はブリッジ、部分入れ歯、インプラントの3つです。後ろの親知らずが治療上使えるような歯であれば、その3つの中からの選択になります。そうでない場合は、部分入れ歯かインプラントを選択することになるかと思います。
Q. インプラントのメインテナンスはどのようにしますか?
ご自身で行うメインテナンスの場合は、通常の歯のお掃除をするやり方で構いません。歯科医院で行う場合は、インプラント専用の器具を用いて、メインテナンスをすることになります。
Q. 抜歯をしました。今通っている歯医者にブリッジを進められています。健康な歯を削らないといけないみたいです。インプラントにしたほうがいいでしょうか?
ブリッジもインプラントもそれぞれに長所と欠点があるので、それをきちんと主治医の先生と相談をして決める必要があると思います。一般的には、健康な歯を削らずに、インプラントで対応するほうが、メリットがある場合が多いですが、抜歯をした部分の骨の状態などによっては、ブリッジの方が、予後を見込める場合があります。
Q. インプラントは痛くないですか?
インプラントの処置において痛みを感じることはほとんどありません。手術に関しても麻酔をつかった上での処置になりますので、特に心配されているような痛みがでることはありません。但し、術後の腫れなどは出ることはあります。
Q. インプラントって何?
インプラントは無くなってしまった歯の代わりに人工の歯の根を移植してあげて、その上に被せものをつくって機能を回復させる治療です。インプラント自体は60年以上の歴史のある予後の見込める治療法の一つです。
Q. インプラント利点は何ですか?
たくさんありますが、大きくは自分の残っている天然の歯に、一切の負担をかけることなく機能を回復することができる点です。取り外しが必ず必要になる入れ歯と違うので、食事における使い勝手やおしゃべりをする時の自然な機能を取り戻せることができることです。
Q. どれくらいの期間もちますか?
適切な治療計画に基づいてなされた上で、定期的なメインテナンスを行っていけば、何十年と機能させることができます。
Q. 治療期間はどれくらいですか?
骨や歯茎の状態にもよりますが、条件が整っていれば、2ヶ月ぐらいで終わることが一般的です。
Q. 保険は聞かないのか?
インプラント治療は一般的には保険診療の対象外です。

こんなお悩みはございませんか

ただ今スタッフ募集中です!

クリニック見学会も実施中!詳しくは求人専用ページをご覧ください!

Let's check !! ⇒
伊丹市 歯医者 ヒカルノ歯科072-784-1234
診療時間
ネット診療ご予約ヒカルノ歯科公式インスタグラム
〒664-0881 兵庫県伊丹市昆陽6-117-8
カウンセリング予約 求人情報 インスタグラム